展覧会で分かったおすすめのxperia用スマホケース

スマホの種類にはアンドロイドOS、iOSなどのOSの違い、通信サービス自体の提供を行う会社であるdocomo、au、softbankなど料金や通信可能範囲の違い、メーカーの違いの3種類が有り、メーカーの一つであるソニーのスマホやタブレットのブランド名がxperiaです。補足ですがxperiaとは、体験と言う意味のExperienceと、ラテン語で場所を意味する接尾語iaを組み合わせた、さまざまな体験を生き出す場所と言う意味だそうです。2017年3月時点でのスマホの普及率は2人以上の世帯で69.7%です。ガラケーを合わせると60歳以上の年代の方は70.2%ですが、それ以下の年代では90%以上、29歳まででは何と96.7%の保有率です。それに付随してスマホを保護したり、おしゃれにしたりできるスマホケースの需要はとても高くなっています。

xperiaのスマホケースのタイプと素材

xperiaのスマホケースには、形状と素材の違いから次のようなものが有ります。まずスマホ型ケースで、バッグやポケットからの出し入れがスムーズに出来ます。素材としてはポリカーボネート製の物が、絵柄印刷が美しく仕上がるのですが、寒暖差や局所的衝撃に弱く、ひび割れが生じることが有ります。それと比べてシリコン製の物は柔らかいので割れにくく形状加工もしやすいですが汚れが目立ちます。次に手帳型ケースです。カードの収納や財布代わりにもなり最近急速に人気が高くなりました。ただ撮影や通話が少ししづらいなどとは言われます。素材としてはデザインのバリエーションが豊富な合皮の物と、価格は高くなるけれど使い込むほど独特の風合いの出る本革とが有ります。もう一つバンバ―型と言い、本体を囲うように取り付けるので側面の保護は出来ますが、前背面の保護がない物です。素材はおしゃれなアルミなどの物とシリコン製が有ります。

xperiaのスマホケースを目的別で選ぶ

ネットや展覧会などでXperiaのスマホケースを選ぶとき、かわいい、おしゃれな、カッコイイ、季節感の有る、仕事でも、本物志向など目的別で選ぶ事も良いと思います。色柄重視の場合ではグラフィカルなデザインのケースが良いので、ポリカーボネート製のスマホ型ケースが良いでしょう。丈夫が一番というのなら、壊れにくい金属製のバンパー型ケースかシリコン製スマホ型ケースです。スマホと一緒にカードも持ち歩きたいと言うのなら、手帳型ケースが良いと思います。少しの買い物には、これ一つで大丈夫ですし、本体が覆われているので、割れ防止にもなります。後カードが1枚しか入りませんが、カード収納付きのスマホ型ケースも有ります。次に高級感を求められるのなら、高価になりますが、本革製の手帳型ケースやパール使用のハードケースでポリカーボネートにパール加工を施した物なども有ります。